CO2マイナスプロジェクト
CO2マイナスプロジェクトとは?

天竜舟下りの峡谷が竹の浸食により
広葉樹に光が届かなくなってきてしまい・・・
きれいだった秋の紅葉が・・・
これはいけない!
と 奮い立った船頭軍団!

↓ ↓ ↓

冬場は暇な舟下りo(>_<)o
くる日もくる日も
竹林伐採の日々・・・
大量に出る竹!
何かに使えないかなぁ・・・

↓ ↓ ↓

そうだ!!   ひらめいた!!!!
うちらは船頭・・・
天竜舟下りの始まりは筏! ルーツを探ろう!!
これが楽しい!
遊び倒した竹筏は竹の乾燥と共に割れてくる
浮力の落ちた竹・・・
さてどうする?

↓ ↓ ↓

居ました ツワモノが・・・
しかも近所に・・・
そいつは『竹ボイラー』!!
さっそく連絡して・・・
竹筏 → 竹ボイラーの燃料へ進化です(^▽^)

↓ ↓ ↓

竹ボイラーで出来たお湯は、足湯として皆様の身体と心をポカポカにしちゃいます♪

↓ ↓ ↓

竹筏に使えない割れている竹は・・・
居ました ツワモノが・・・
またまた近所に・・・
そいつは『竹チッパー』!!
100%植物性の竹チップボカシ。
優しく土へと帰します♪

↓ ↓ ↓

楽しんで
あったまって
土を肥やし
そしてよみがえった峡谷美
THE 紅葉!!!

↓ ↓ ↓

こんな楽しい活動の中からわかったこと
竹はお宝やんか!!
じゃま者がお宝へと進化!!!

 

竹は自然に朽ち果てると土中で微生物に分解され、生育過程で吸着したCO2を大気中に排出します。 これではCO2が自然界から減りません。竹を燃やしっぱなしにしても同じです。 しかし、燃やした竹を燃料として活用すれば、その分のCO2を削減できます。 太い竹3本(約32キロ)は灯油18Lの燃焼カロリーとほぼ同じです。

もうおわかりですね!
竹は毎年生えてきます。そんな竹を毎年伐採した竹で遊んで、燃料にして、あったまって・・・、そんな循環のサイクルを 天竜舟下りでは
『放置竹林の永続的な資源化ループ構築』
と呼んでいます。そしてこの取り組みが、天竜舟下りが 展開している
『CO2マイナスプロジェクト』です。

天竜舟下り株式会社
〒395-0821
長野県飯田市松尾新井7170
TEL 0265-24-3345
FAX 0265-23-3976